So-net無料ブログ作成

ダムの秋 [奥津軽 小泊の秋]

kodomari 17 11-5.JPGkodomari 17 11-6.JPGkodomari 17 11-7.JPGkodomari 17 11-8.JPGkodomari 17 11-9.JPG

小泊ダム(2017/11/03)

小泊ダムは「桜の木」と「ドウダンツツジ」が紅葉していました

ダムの紅葉は今日・明日で見納めになります 業者がきて「雪囲い」の作業をしていました

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダムに行く途中で「カモシカ」に出会いました

kodomari 17 11-10.JPG

足 跡!(41) 

竜泊ライン [奥津軽 小泊の秋]

kodomari 17 11-1.JPG

青岩海岸付近の紅葉

kodomari 17 11-2.JPG

傾り石付近からの紅葉

kodomari 17 11-3.JPG

坂本台付近の紅葉

kodomari 17 11-4.JPG

坂本台と眺瞰台の中間地点の紅葉(2017/10/28) 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

眺瞰台付近は紅葉は終わり枯れ枝のみになってしまいました 

平地もそろそろ終わりに近づいてきました


足 跡!(41) 

林の中の紅葉 [津軽の秋]

tugaru 17 11-1.JPGtugaru 17 11-2.JPGtugaru 17 11-3.JPG

五所川原市十三(2017/10/22)

十三湖付近の防風林です 日本海から吹き付ける暴風から守る防風林です

林の中の木々が赤く紅葉しています

足 跡!(41) 

やまなみライン [津軽の秋]

tugaru 17 10-18.JPGtugaru 17 10-19.JPGtugaru 17 10-20.JPG

津軽やまなみライン(中泊町ー外ヶ浜町)2017/10/29

やまなみラインを走ってみました 紅葉のピークは過ぎていましたがまだ見られる状態でした

足 跡!(44) 

赤倉山の紅葉 [奥津軽 小泊の秋]

kodomari 17 10-9.JPGkodomari 17 10-10.JPGkodomari 17 10-11.JPG

赤倉山(小泊岬小泊下前)2017/10/21

旧国道339号線中泊町小泊下前部落を見下ろす「赤倉山」の紅葉です

今年は風の影響が少なかったせいか見事に紅葉しました

足 跡!(40) 

弁天島の秋 [奥津軽 小泊の秋]

kodomari 17 10-7.JPGkodomari 17 10-8.JPG

弁天島(小泊岬)2017/10/27

大澗海岸の弁天島が紅葉しています 例年ですと今の時期風で葉が落ちていますが

今年は強い風が吹かなかったせいか見ごろが続いています

足 跡!(37) 

紅葉列車 [鉄道風景]

tetudou 17 10-7.JPGtetudou 17 10-8.JPG

五能線 リゾート白神「橅号」2017/10/22

深浦町「陸奥柳田駅」付近を走っています 沿線は紅葉真っ盛りです

足 跡!(43) 

大然河川公園 [白神山地世界自然遺産]

sirakami 17 10-5.JPGsirakami 17 10-6.JPGsirakami 17 10-7.JPG

白神大然河川公園(しらかみおおじかりかせんこうえん)2017/10/22

白神山地赤石渓谷入口にある公園です 鮮やかな紅葉がピークを迎えています

上流には落差85メートルの「くろくまの滝」がありますが残念ながら工事通行止めで行けませんでした

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回撮れませんでしたので以前撮ったものを掲載します

sirakami 17 10-8.jpg

「くろくまの滝」


足 跡!(45) 

赤石渓谷錦秋 [白神山地世界自然遺産]

sirakami 17 10-1.JPGsirakami 17 10-2.JPGsirakami 17 10-3.JPGsirakami 17 10-4.JPG

赤石渓谷の紅葉(2017/10/22)

白神山地赤石渓谷の紅葉です

霧雨の中決行 現地に着く頃には薄日の射す天気になりました

雨上がりの紅葉は一際色鮮やかになり私たちの眼を楽しませてくれました

足 跡!(43) 

リンゴ [津軽の秋]

tugaru 17 10-15.JPGtugaru 17 10-17.JPGtugaru 17 10-16.JPG

真っ赤なリンゴ(つがる市森田)2017/10/15

津軽はどこに行っても真っ赤なリンゴに出会います これから「フジ」の最盛期になります

足 跡!(42)