So-net無料ブログ作成
小泊海岸の地名 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

土標ガ浜(とひょうがはま) [小泊海岸の地名]

chimei 14 1-14 土標ガ浜.JPGchimei 14 1-15 土標ガ浜.JPG

山桜咲くころの土標ガ浜

「権現崎」の小泊側の登山口に当たり、海岸から海抜229メートル山頂まで一気に登るルートなため、かなりハードである。この辺一帯の海は、絶好の釣り場にもなっており、天気のいい凪の日は、小さな岩場にまで釣り人がいて釣りを楽しんでいます。

chimei 14 1-16 土標ガ浜.jpgchimei 14 1-17 土標ガ浜.jpg

紅葉の頃の土標ガ浜


以前 土標ガ浜を撮った気に入りの1枚を載せました「春燦々」

chimei 14 1-18 春燦燦.jpg


 

 

 

 

 


足 跡!(36) 

のだばり石(のだばりいし) [小泊海岸の地名]

chimei 14 2-1 のだばり石.jpgchimei 14 2-2 のだばり石.JPG

のだばり石 元権現崎の登山道入り口付近で「はさみ岩」の隣に位置している。 人がのだばっている(人がうつぶせになっいる)ように見えることからこの名前が付けられたと言われている。

chimei 14 2-3のだばり石.jpg

 

寄せる白波が美しいところでもある


chimei 14 2-5.jpg

以前この場所で撮った気に入りの1枚です「陽春の白波」


 


足 跡!(38) 

下ハブ(したはぶ) [小泊海岸の地名]

chimei 14 1-9 下ハブ.jpgchimei 14 1-10 下ハブ.JPG

山桜の咲く頃

chimei 14 1-11 下ハブ.JPG

下ハブ この浜は小さい浜、狭い浜、1に満たない半分という意味で付けられたか定かでない(小泊海岸地名より)

小泊岬遊歩道沿いにあり、少し行くと大澗海岸がある位置にあり、以前築港工事の防波堤の基礎となる「ケイソン」が作られた場所でもある。その頃の名残がいまでも見られます。

chimei 14 1-12 下ハブ.jpg

ここから見る、北海道、津軽半島もまた絶景である。

chimei 14 1-13 下ハブ.JPG 


足 跡!(40) 

舫岩(もやいいわ) [小泊海岸の地名]

chimei 14 1-5 舫岩.jpgchimei 14 1-6 舫岩.JPG

大澗海岸の入り江の岩場に、岩をくりぬいた舫岩(もやいいわ)が残っている。弁財船(北前船)が帰港した際利用したといわれている。全国でも珍しく貴重であるので、中泊町の有形文化財に指定されているそうです。

chimei 14 1-7 舫岩.jpgchimei 14 1-8 舫岩.JPG

 


足 跡!(35) 

はさみ岩(はさみいわ) [小泊海岸の地名]

chimei 14 1-1(はさみ岩).jpgchimei 14 1-2(はさみ岩).JPG

岩の上部がはさみのようになっているので、はさみ岩と名付けられた

chimei 14 1-3(はさみ岩).jpgchimei 14 1-4(はさみ岩).JPG 


足 跡!(40) 

柴崎城址(しばさきじょうし) [小泊海岸の地名]

chimei 13 12-6.JPGchimei 13 12-7.JPG

 柴崎城址 津軽の豪族、安藤盛季は南部義政に急襲され、旧市浦の福島城、唐川城を落とされ、海に対応した最後の砦小泊の柴        崎城で交戦したが、ついに落城。嘉吉3年(1443年)城直下の大澗海岸から北海道松前に撤退したと伝えられている。         (中泊町 小泊海岸地名より) 

chimei 13 12-8.JPG

chimei 13 12-8柴崎城址.jpgchimei 13 12-9.JPG

 秋の柴崎城址です。紅葉がとても美しいです。 


足 跡!(51) 

阿曽内海岸(あそない) [小泊海岸の地名]

chimei 13 12-1.JPGchimei 13 12-2.jpgchimei 13 12-3.JPGchimei 13 12-4.jpg

 阿曽内海岸  大澗海岸の裏手にある海岸で一面ゴロゴロした玉石の海岸である 波の強い日は玉石の動くゴロゴロと鳴る音が耳に残る 春は山桜が咲き、秋は紅葉が見られる美しい湾です 

chimei 13 12-5 阿曽内海岸.jpg 


足 跡!(51) 

姥島(うばじま)石 [小泊海岸の地名]

chimei 13 11-5.jpgchimei 13 11-6.JPG

  姥島 左右にかわいい子供や孫たちをしたがえ、その傍に腰をかがめ、慈愛のまなざしをそそぐ老婆のたたずむ姿に               似ているところから命名された。海岸にどっしり構える巨岩姥島は漁師たちの目印にもなっている。                      (小泊海岸地名マップより拝借しました) 

chimei 13 11-7.JPGchimei 13 11-8 姥島.jpg 


足 跡!(59) 

北灯台(きたとうだい) [小泊海岸の地名]

chimei 13 11-1(北灯台).JPGchimei 13 11-2(北灯台).JPGchimei 13 11-3(北灯台).JPG

小泊岬「北灯台」 津軽海峡に面して、航海の安全のため昭和26年に海上保安庁が設置した

            灯台の隣には戦争当時の名残の要塞らしきものが今でも残っています

chimei 13 11-4(北灯台).jpg


足 跡!(46) 

弁天崎「弁天島」(べんてんざき) [小泊海岸の地名]

chimei 13 10-17(弁天崎).JPGchimei 13 10-18(弁天崎).JPGchimei 13 10-19(弁天崎).JPG

chimei 13 10-21(弁天崎).JPGchimei 13 10-22(弁天崎).JPG

弁天崎 海峡側に出ている岬で、山頂には辨天宮が祀られている

chimei 13 10-20(弁天崎).jpg


足 跡!(42) 
前の10件 | 次の10件 小泊海岸の地名 ブログトップ